婚活サイトQ&A

婚活サイトにいる危険人物や要注意人物の見分け方※ひっかかった場合の対処法

「婚活サイトやマッチングアプリにはサクラも多い」「ネットでの出会いは危ない」というイメージをお持ちではありませんか?実際は本気で相手を探している有料な会員がほとんどにもかかわらず、そういった危険人物も少なからずいるのが現実です。ではそういった危険人物に引っかからないためにはどうすればよいのでしょうか?危険人物や要注意人物の特徴や見分け方、そして万が一騙された場合の対処法までご紹介していきます。

どんな目的で婚活サイトには危険人物や要注意人物がいるの?

婚活サイトの会員のほとんどは真剣に恋人や結婚相手を探す人たちですが、一部婚活を目的としていない悪質な会員が潜んでいるのも事実です。婚活サイトの運営側もそういった会員を撲滅しようと様々な工夫をこらしていますが、未だに騙されてしまう人もいるようです。では婚活サイトにはどんな危険人物がいるのでしょうか。1つずつみていきましょう。

体目的のいわゆる「ヤリモク」

マッチングアプリに比べると少なめですが、婚活サイトにも体目的で近づいてくる人がいます。男性であることがほとんどなので、特に婚活女性には気をつけてほしい危険人物ですね。
こういったヤリモクは結婚なんて全く視野になく、一時的な関係を望んでいます。プロフィールもかなり盛られていたり魅力的にうつるように工夫されていたりと一見条件の良さそうな会員に見えてしまうのが怖いところ。外見やスペックを重視する女性はこういったヤリモクにも引っかかりやすいので注意しましょう。

有料サイトへ勧誘する「業者」の会員

婚活サイトのメッセージ機能などを利用して有料のサイトへ誘導し、お金儲けにしようとする悪質な業者もいます。個人情報を盗むことを目的としている場合もあるので、身を守るためにも絶対に引っかかってはならない危険人物です。
大手の婚活サイトは通報や見回りの機能を使ってこういった業者を排除する取り組みがなされています。しかし、自分自身でも業者の餌食にならにように気をつけておきたいですね。

最近は少額の場合も…「結婚詐欺師」

真剣に婚活をしている人ほど注意したいのが結婚詐欺師の存在です。ニュースなどで耳にしたこともあるでしょう。そういったケースは何百万も失っているので気付きやすいですが、最近は10万円、20万円といった少額のケースも少なくありません。
また、女性の結婚詐欺師も増加しています。一昔前であれば女性が気をつければよかった結婚詐欺師ですが、男性も狙われるようになってきたんですね。
結婚に焦っていると盲目的になってしまいますから、次にご紹介するような特徴が当てはまる場合は一度冷静になってみることも大切です。

婚活サイトにいる危険人物や要注意人物の特徴は?

婚活サイトに潜む要注意人物「ヤリモク」「業者」「結婚詐欺師」はそれぞれどんな特徴があるのでしょうか?それぞれで少しずつ特徴も異なりますので、こちらも順番にご説明します。

「ヤリモク」の特徴

体目的で近づいてくる男性は次のような特徴を持つことが多いです。

  • 若く、イケメンである傾向あり
  • スペックが高め(収入、職業など)
  • 距離を縮めてくるのが早い
  • デートの提案が夜
  • 女性慣れしている

ヤリモクはプロフィールというよりもメッセージのやりとりをする中で判断するのが良いでしょう。すぐに会いたがったり、デートを夜に設定したがったりするのも特徴です。また婚活サイトは女性慣れしていない男性も多い中、ボディタッチが多かったり、やたらと女性慣れしていたりする場合も注意です。
昼だけのデートでも快く引き受けてくれるか、体の関係を強要しないかなどをチェックポイントに、見分けてみてください。

「業者」の特徴

有料サイトへ誘導する悪質な業者には次のような特徴があります。

  • プロフィールの条件が良すぎる
  • LINEやメールなど別の連絡手段を要求する
  • 他サイトへ誘導される
  • 条件がいいのに活動期間が長い

こういった会員は直接会うことなくメッセージなどで誘導作業が完結するため、虚偽のプロフィールを設定していることが多いです。顔写真も別の美男美女のものを載せているということですね。

「スマホが壊れたから別のサイトを使って話したい」「ブログのURLはこれです」など婚活サイト以外のサイトに誘導されそうになったら危険です。業者の手口はどんどん巧妙になっており騙されていると気付かないことも…。良いプロフィールには裏があるかもしれないことを、心に留めておきましょう。

「結婚詐欺師」の特徴

男女ともに気をつけたい結婚詐欺師。そのアプローチ方法は多岐に渡りますが、多くの場合に当てはまる共通点もあります。

  • 異性に好印象な職種、年収
  • 写真などを嫌う
  • 今までお金を持っていたのに急にお金がなくなる
  • 手渡しで現金をもらいたがる

結婚詐欺師は証拠になりそうなものを嫌います。写真や動画、通帳記入などがそれに当てはまりますね。また、最初の方はおごってくれたりプレゼントをくれたりとかなり好意を見せますが、恋に盲目的になってきたあたりで「急にお金が必要になった」と切り出してきます。親の入院、事故、友人の保証人など大金が必要なものから数万円程度のものまで様々ですので、注意が必要です。

また、初期は少額のお金を借りてしっかり返済するということを繰り返し完全に信頼させたり、両親との顔合わせも快く受けてくれたりと、通常の結婚相手となんら変わらないような行動もするのが最近の結婚詐欺師の怖いところです。多額の金銭の貸し借りや契約はしないと心に決めて結婚相手を探していく他ないでしょう。

婚活サイトにいる危険人物や要注意人物の見分け方

こういった危険人物・要注意人物に引っかからないためには、どのようにして見分ければ良いのでしょうか。まず最初のチェックポイントとしてはプロフィールがあります。そこで相手のプロフィールで確認しておきたい項目をまとめてみました。

項目 詳細と対策
プロフィール写真
  • 顔写真が美男美女すぎる
  • プロフィール写真が1枚か2枚しかない

→プロフィール写真をGoogle画像検索にかけてみましょう。ドラッグ&ドロップで類似画像を検索できる機能がGoogle画像検索にはあります。同じ写真が出てきたらアウトの可能性大!

SNS連携先の情報
  • facebookなどの友達が極端に少ない
  • 投稿がない

→手当たり次第友達申請をし、ぱっと見は友達が多いように見せかける場合もあります。投稿がないのに友達だけやたら多い場合も危ないので確認しておきましょう。

提出書類
  • 書類をほとんど提出していない

→そもそも書類を提出していない会員は危険人物でなくとも婚活へのやる気が低いです。書類を提出している人のみを対象にして婚活するのがおすすめです。

大手サイトなら危険人物リストを利用するのもアリ

大手のマッチングアプリや婚活サイトを利用しているのであれば、web上にまとめられている危険人物リストで確認するのもひとつの方法です。被害に合った人たちが情報を拡散してくれているもので、サイトとしてまとめられているものから掲示板、twitterなどのSNSまでさまざまです。顔写真やプロフィール、詳しい手口まで掲載されていることもあるので、見るだけでも危険人物に引っかからないための勉強になります。怪しいなと思ったら、名前やプロフィールなどで検索をかけてみるのもいいかもしれませんね。

もしも危険人物にひっかかってしまったら?対処法

業者に個人情報を盗まれてしまったり、結婚詐欺に引っかかってしまったりしたと気付いたら、早急に次の2つの対処を行ってください。

1. 警察に届け出る&弁護士に相談する
結婚詐欺の場合はとくに、まずは気付いた時点で警察に被害届を提出しましょう。また同時に弁護士や探偵、相談窓口などに相談するのもおすすめです。というのも、被害が少なかった場合警察がすぐに動いてくれない可能性があるからです。その点弁護士などは最後まで力になってくれますので、どんなに小さな被害でもまずは相談してみましょう。一人で問題を抱え込んでも何も解決しませんし気も病んでしまうので、第三者の介入を依頼してくださいね。

2. 証拠を残しておく
相手とのやりとりはすぐにスクリーンショットを撮るなどして残すことが大切です。相手はすぐに退会したりデータを消したりすることがあります。消されてしまう前にできるだけたくさんの証拠を確保しておきましょう。
少なくともプロフィール、過去のメッセージ、直接連絡を取り合っていた場合はそれらの連絡先などです。多ければ多いほど犯人も捕まりやすくなりますので、できるだけ早く証拠取りを行ってください。

危険人物や要注意人物がいない婚活サイトはないの?

ではこういった危険人物がいないような婚活サイトはないのでしょうか?完全にゼロであるという婚活サイトはないというのが現実です。ただ、「危険人物・要注意人物が少なく、比較的安全な婚活サイト」であればいくつかあります。

危険人物が少ないサイトの条件は?

  • マッチングアプリよりも婚活サイト
  • 有料会員でしか使えないサイト
  • 書類提出の多いサイト

これらの条件を満たすようなサイトは、比較的危険人物が少ない傾向にあります。やはり危険人物に該当するような人たちはできるだけ活動費は安く抑えようとします。ですので、無料で使えるようなマッチングアプリや婚活サイトは要注意なんです。

また身元がばれるのを避けるため書類提出も嫌います。そのため各種証明書の提出が多いサイトで、かつ全ての証明書を提出しているような会員は、ほぼ安全だと言って良いでしょう。

危険人物の少ない婚活サイトは?

具体的に危険人物が少ない婚活サイトを口コミなどから評価し3つ厳選してみました。

サイト名 特徴

  • ゼクシィ縁結び/ 女性有料 / 書類提出あり / 運営側のパトロールあり

大手リクルートが運営し、そのイメージからも真剣に婚活する会員が多い

  • マッチドットコム/ 女性有料 / 書類提出あり / 運営側のパトロールあり

証明書提出がかなり多く、虚偽のプロフィールでは登録できない仕組み

  • ユーブライド / 女性有料 / 書類提出あり / 運営側のパトロールあり

年齢層も費用も高めで危険人物が寄りつきにくい

いずれのサイトも女性有料で各種書類の提出と運営側によるパトロールがあります。怪しいメッセージなどがあればすぐに運営側がキャッチしてくれるので、安全性は非常に高いと言えるでしょう。

自分は危険人物に騙されやすそうだと心配な人は、ぜひこれらのサイトを利用してみてくさだいね。

まとめ

今回は婚活サイトに潜む危険人物の種類や特徴、そして騙された時の対処法までご説明しました。ここで掲載したのはあくまでも典型例であり、実際はさらに手口が多岐に渡ります。結婚を焦っている人ほどこういった危険人物に引っかかりやすい傾向があるので、今婚活サイトを利用している人もこれから利用しようとしている人も、冷静になって判断してくださいね。
騙されてしまうとお金も時間も無駄になってしまいます。今回ご紹介したような特徴には気をつけて、後悔のない婚活をしてくださいね。

こちらのページもよく読まれています!!