婚活サイトQ&A

婚活サイトでモテる写真とは?第一印象が良くないと何も始まりません!

「最近婚活がうまくいかない…」それ、もしかしたら写真のせいかもしれません。プロフィール写真を変えたら連絡が来るようになった、という人も多くいるほど、婚活において写真はとても大切なのです。

では婚活サイトでモテるためにはどのような写真を撮ればいいのでしょうか。男女別のポイントなどもご紹介するので、今の自分の写真を見直すきっかけにしてみてくださいね。

婚活サイトで写真交換をしたら音信普通に・・・写真が原因!?

婚活サイトで楽しくメッセージをやりとりしていたのに、顔写真を見せた途端連絡が途絶えた、そんな経験ありませんか?ネット上での婚活は見た目が重要視されるとはわかっていても、明らかに写真が原因で音信不通になるのはショックですよね。
かといって見た目に自信がないから顔写真を公開しないのは、婚活が失敗する原因となってしまいます。いずれ会う際には写真を交換しなければなりませんし、まず写真がないプロフィールには「いいね」をもらえません。

では婚活サイトでモテるためにはどのような写真を設定すればいいのでしょうか。容姿に自信がない人でも工夫次第でいくらでもクオリティを上げられます。次からそういったプロフィール写真について詳しくご紹介するので、すぐに実践してみましょう。

婚活サイトでモテない写真の共通点とは?

婚活サイトでモテる写真の撮り方について見ていく前に、マッチング率を下げる残念な写真の共通点を考えてみましょう。当てはまるものはありませんか?

モテない写真 理由など
顔が隠れている 一部の婚活サイトでは受理すらされない。
痛い人に見られる。
加工されている 実物とのギャップが大きすぎる。
snowなどは論外。
暗いor画質が悪い 他の人は画質がいいので浮く&印象が悪い。
暗い写真は見る気が失せる。
複数人写っている 切り抜きもNG。やる気が感じられない。
背景や服装が手抜き リアルな生活感が見えるのはアウト。
自宅の部屋で撮影するのも△
古い写真 なんだかんだ気付かれる。

一部の婚活サイトでは受理すらされない「顔の一部が隠れた写真」は恥ずかしいからとやりがちなパターンです。スタンプなどで加工したり手で隠したりするのはやめて、正面からきちんと写すようにしましょう。

手持ちの写真をそのまま採用したやる気のないものも嫌われます。特に隣に誰かいそうな写真は「前の彼氏かな」「ひとりで写っている写真はないのかな」と余計な想像をされてしまうので注意です。似たような理由で、暗い写真や服装・背景が手抜きの写真も好まれません。顔がはっきり分かり清潔感のあるさわやかな写真をこころがけましょう。

婚活サイトでモテる写真の共通点は?

では一方でモテる写真にはどんな共通点があるのでしょうか。実際に撮る際の細かいポイントは後でご紹介しますが、大まかなゴールは次のような感じです。

モテる写真 理由など
清潔感がある 真剣な婚活において顔よりも清潔感を重視する人は多い。
加工はレタッチ程度 過度な加工でなければOK。
ニキビを消す程度のレタッチにとどめておく。
自然な表情 笑顔が一番。自分らしい表情がモテへの近道。
画質が良い 一眼レフのような画質の良さはそれだけで目をひく。
背景がシンプル 明るくてシンプルな背景が人を際立たせる。
清潔感にもつながる

写真で最も大切なのは「清潔感」です。イケメン・美女でなくとも顔や服装からにじみ出る清潔感で多くの異性を惹きつける男女は数多くいます。もし容姿に自信がないのなら、そういったところを目指しましょう。

また自分が最も良く見える条件を知っている人は強いです。顔色が映える服や写真の角度など、自然体で写っているにもかかわらず「写りが良い」条件を探してみてくださいね。

婚活サイトの写真はスマホorデジカメどちらがいいの?

スマホのカメラはどんどん進化しており画質もよくなっていることから、婚活サイトの写真をスマホで撮っているという人も多いでしょう。婚活サイトの写真はそういったスマホでもいいのか、それともデジカメや一眼レフを使ったほうが良いのか、カメラに関して次に見ていきましょう。

婚活サイトに出す写真は自撮りでOK?

婚活サイトのプロフィール画像を見ていると、キメキメの自撮りを載せている人も少なからずいます。男性の慣れない自撮りなんかも見かけますよね。

こういった自撮りは「NG」です。無駄に盛られた写真だとナルシスト、メンヘラといった印象を持たれる可能性もあり、メリットがありません。実際と異なる画像を載せても会ったときに幻滅されるのがオチです。

どうしても撮ってもらえる人がいないのであれば、セルフタイマーを使いましょう。スマホによってはポートレートの設定ができ、人物をよりきれいに写してくれるので、それらを活用していくと良いでしょう。ただ、一眼レフなど本格的なカメラで撮られた写真には確実に負けるということだけ覚悟しておいてください

顔写真だけでなく全身写真も載せた方がいいの?

プロフィールにせよ写真交換にせよ、顔写真ばかり何枚も載せられるとうんざりしてしまいます。顔写真は多くても2枚程度にとどめ、全身が写っている写真も準備するようにしましょう。

全身写真を撮る際は棒立ちやファッション雑誌のようにキメて撮るのはあまりにも不自然です。趣味と絡めたり旅行中の写真にしてみたりと、あくまでも自然な自分が見せられるような写真を選びましょう。

好印象な写真の撮り方 男性編

好印象な写真はどのように撮ればよいのでしょうか?ここでは万人受けする写真の撮り方について服装から表情まで詳しくご紹介していきます。メインとしてプロフィール画像に設定したり相手に最初に送ったりする顔写真と、サブとして掲載する写真では撮り方も少し違うので、メインとサブに分けてご説明します。

【好印象な写真を撮るコツ】メインの顔写真

まずはメインの顔写真。相手からの第一印象を決める重要な写真ですね。この写真を撮る際は少しフォーマルさを意識しましょう。少しやわらかいお見合い写真をイメージするとよいかもしれません。

服装

服装は夏なら襟付きシャツ、冬ならジャケットが良いです。スーツとまではいかずとも、高級なレストランに行けそうな格好を意識すると自然に清潔感のある服装になるでしょう。

女性はプロフィール写真の服装から色々なことを想像します。ヨレヨレのジャケットやシワだらけのシャツを着ているだけで「だらしのない人間」「貧乏そう」といった印象を与えてしまいます。清潔感のある人はたとえユニクロでもきちんとした印象を持たせることができるので、自分に合ったサイズの服で無難な色合いの服装をチョイスしましょう。

髪型

当たり前ですが、寝癖が残っていたりボサボサの髪だったりするのは、いくら顔や服が良くても印象は最悪です。ワックスをべたべたに塗るのも良くありませんが、ある程度はきちんとセットしておくのが良いでしょう。髪の伸びすぎもNGなので、写真を撮る前には美容院に行くことも忘れないでくださいね。

背景

写真館などで撮ってもらえるなら無地背景、そうでない場合は白い壁や明るく開放的な場所を選びましょう。公園など緑あふれる場所も◎です。

カメラで背景をぼかすことができるのであれば少々物が写り込んでも問題ありませんが、基本的には人や物が写らない状態がベストです。太陽光は人の肌をきれいに見せてくれるので、そういった自然光を取り入れられると良いですね。

間違っても生活感あふれる自宅、間接照明など雰囲気重視、などといった空間での撮影はやめておきましょう。シンプルが一番です。

表情

表情に関しては「笑顔」一択です。気取って真顔やキメ顔にしても、よっぽどのイケメンでない限りあまりいい印象は持てないのでやめておきましょう。歯を見せて笑わなくても、口角を少し上げるだけで一気に優しそうな印象を与えることができます。

盛り上げ役のタイプと物静かなタイプでは「自分らしい笑顔」も違ってきますよね。どんな表情をすればより自分らしさが伝わるのか、これに関しては数を撮るのが一番近道です。少しずつ表情を変えながら何枚も写真を撮り、ベストな1枚を選ぶようにしましょう。

【好印象な写真を撮るコツ】サブの写真

2枚目、3枚目として交換する写真やプロフィール画像のサブ写真として登録すべき写真には、メインの画像のようなフォーマルさを少し抜け出す必要があります。より親しみやすく自分らしさが伝わる写真を選びましょう。
サブの写真の候補としては次のようなものが挙げられます。

  • 仕事をしている写真
  • 趣味やスポーツをしている写真
  • 旅行中の写真

私服が気になるという女性も多いですので、1枚は私服写真を準備しておきましょう。いくら私服とはいえ、こちらも手抜きはNGですよ。また、背景や髪型についてはメイン画像と注意事項は同じですが、表情はメインとサブで変えたほうが良いですね。サブ画像はフランクなものでも構わないので、くだけた表情や仕事中の真剣な表情など、バリエーションを豊富にするのがコツです。

ただメイン画像同様、できる限りひとりで写っている高画質の写真を選びましょう。婚活用に準備しなくても、そういった条件が揃うだけで印象がぐっと良くなります。

好印象な写真の撮り方 女性編

好印象な写真を撮るにあたり、女性の場合は男性とは異なる注意点もあります。男性ほど服装などに制約はないものの、やはりウケが良い撮り方は存在するので、ひとつずつチェックしていきましょう。

【好印象な写真を撮るコツ】メインの顔写真

婚活サイトは可愛らしい女性も多く、自分も埋もれないようにと「奇跡の一枚」のような写真を登録してしまいたくなります。しかし、メインの顔写真こそ加工はできるだけせず、ありのままを見せられるように工夫しましょう。顔で判断せずに中身で判断してくれる男性がきっと現れるはずです。

服装

まずは服装。男性はフォーマルな服装を、と書きましたが、女性はジャケットなどはあまり必要ではありません。

  • 女性らしい白のブラウス
  • パーソナルカラーを反映したトップス

などあまり堅苦しくなくやわらかな印象を与える服を選びましょう。自分の顔映りが良くなる色を選んだりパステルカラーのような明るい色を選んだりするのがおすすめです。

逆に露出が多いノースリーブやオフショルダー、胸の開いた服、奇抜な柄のトップスやカジュアルすぎるニットはNGです。就活生のようなスーツも個性が無くなってしまうので避けておきましょう。

髪型

男性は良い匂いがしそうな美しい髪が好きなものです。アホ毛などが目立ってしまわないよう、細心の注意を払いましょう。髪の毛が長い人は下ろしても良いですし、ハーフアップのように少しアレンジしても良いですね。

キャビンアテンダントのように抜け感0のアップヘアは近寄りがたい印象を与えてしまいます。女性の場合は話しかけやすい「抜け感」を写真の中でも意識できると、全体の雰囲気もやわらかくなりますよ。

背景

背景は男性の場合と同じく、白い無地の背景や開放的な場所が好印象です。かわいい部屋をアピールしたくて自宅で撮影する、というのはやはりNGですので避けましょう。メインの画像は無難が一番です。

屋外で撮影できるとより自然なイメージに仕上がります。近くの並木道など身近な場所でも自分が写真映えするスポットはありますので、ぜひ時間があるときに撮影しに出かけてみてください。

表情

女性もやはり「笑顔」の写真がモテます。清楚で優しい雰囲気の表情を心がけましょう。また女性の場合は笑顔だけでなく少し隙の見えるアンニュイな表情もウケはいいです。ふとした表情や振り返ったときの一瞬の表情など自然なタイミングで写真を撮ってみると、そういった別の顔も見せられそうですね。

ポージングや表情の作り方に迷ったら、web上に上がっているヘアカタログなんかを参考にするのもおすすめです。ヘアカタログは肩から上の顔部分をメインに写していますが、髪の毛を含めた女性の顔が最も美しく見えるように工夫して撮影されています。ポーズもバリエーションが豊富なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【好印象な写真を撮るコツ】サブの写真

サブの写真は家庭的な様子やギャップを見せる絶好の機会です。また全身の姿を送ることでより具体的なイメージを持ってもらえたり、私服を見てもらうきっかけにもなったりします。そんなサブ写真のシチュエーションとしておすすめなのは次のようなものです。

  • 料理をしている写真
  • カフェやレストランでおいしそうに食べている写真
  • 旅行の写真
  • アウトドアやスポーツなどアクティブな写真
  • ペットなど動物と一緒に写っている写真

料理や旅行などは話を広げるネタにもなりますので、そういった意味でもおすすめです。趣味が他にあればそういった場面を切り取るのもいいですね。

また顔写真が清楚なのであれば、スポーツなどの写真でギャップを見せるのも有効です。一緒にアクティブな活動をしたいと考える男性は、そういったサブ写真に必ず食いついてきてくれますよ。

さらに動物と一緒に写真を撮るのも特におすすめ。あざとすぎず、適度に可愛さをアピールできます。自然な笑顔になれるのでそういった意味でもサブの写真にぴったりですね。

まとめ

今回は婚活サイトでモテる写真・モテない写真と、男女別の好印象な写真の取り方について詳しくご紹介してきました。何よりも大事なのは「清潔感」と「自分らしさ」です。個性を潰さず、さわやかさ溢れる写真を目指しましょう。今まで写真のせいで音信不通になった経験のある人や婚活自体うまくいっていないと感じる人は、ぜひプロフィール写真から一新させてみてくださいね。

こちらのページもよく読まれています!!