婚活サイトQ&A

婚活サイトで女性から誘うのはあり?なし?上手な誘い方と注意点

婚活サイトに登録したはいいものの、デートまでこぎつけられない!そういった場合は女性からデートに誘っても大丈夫なのでしょうか?またどうやって誘えば男性に好印象なのかも気になりますよね。
そこで今回は、婚活サイトにおいて男性をデートに誘う上手なもっていき方と注意すべきポイントについて詳しくご紹介します。

婚活サイトに関わらず女性から男性を誘うのは意外と嬉しいもの!

婚活サイトにおいて好みの男性がいるのにデートに誘われない!自分から誘ったら嫌われてしまうのでは?と不安な気持ちになっていませんか?

実はそもそも婚活サイトに限らず、多くの男性は女性からの誘いを嬉しいと感じているんです!

“女の子から祭りとか花火大会とかデートに誘われたい人生だった…”

“一個人の男性の意見としては女性から誘われたら純粋に嬉しいですねー。
最低限のマナー等はあると思いますけど、今の時代「男が○○するべき」「女は○○じゃないと」って考えは捨てた方が良いと思うんですけどね。”
https://twitter.com/Kagetora_kk/status/1046252467766333440

最近は積極的な女性も増えてきており、「男性から誘うのが当たり前」という構図も崩れてきています。婚活サイトにおいてはなおさら、その傾向が見られるようですよ。一部には「絶対に自分から誘いたい」と考えている男性もいるようですが、万が一そういった男性に対し自分から先に誘ったとしても、嫌な気持ちになることはありません。

女性からデートに誘うことのリスクは男性より圧倒的に低く、その行動力だけで次につながる可能性も高いので、勇気を出して誘ってみましょう。

ただ、やみくもに誘えば良いというわけではありません。男性が女性を誘う時に誘い文句やタイミングを気にするのと同じように、女性から誘う場合にも成功につながりやすいコツがあります。ではどんな風に誘えば良いのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

上手に女性から誘う方法

女性から男性をデートに誘うには「女性らしい奥ゆかしさ」も大切です。肉食女子的に誘うと引かれてしまったり、「男っぽい性格なのかも」と誤解されてしまったりすることもあります。そこで上手に女性から誘う方法について3つのアイデアをご紹介します。

女性から男性を誘う方法①【休日の過ごし方を聞く】

最も自然な流れなのは、相手の趣味や休日の過ごし方に合わせた誘い方をすることです。メッセージのやり取りを始めると、ほとんど確実に趣味や休日の話になるでしょう。また、相手のプロフィールにそういった内容の文章があれば、そこに触れた話題を提示するのでもOKです。

相手から「休日は映画を見ているよ」とか「最近体を動かしてないから鈍ってきている」など休日の過ごし方について送られてきたら

「気になっている映画とかありますか?」
「私もなんです!涼しくなってきたのでスポーツしたくなりますね」

などと質問や共感を入れつつ、「今度一緒に行きませんか?」とさりげなく誘いを入れてみましょう。

男性の方が得意なもの、教えられるものを選ぶと、こちらから誘いつつも相手を立てることができるので、デートに繋げやすくなりますよ。

女性から男性を誘う方法②【行きたい場所をチラッと言ってみる】

あからさまに「一緒に◯◯行きませんか?」と誘うのは恥ずかしい、という人には行きたい場所を相手に言ってみるという間接的な方法がおすすめです。

「◯◯っていう期間限定のイベントが面白そうで…」
「この間駅前で美味しそうなカフェ見つけたんですよ!」
という風に相手の趣味や好みに合いそうなものをちらっと会話に盛り込んでみてください。自分から直接誘う文句ではありませんが、その意図を汲んでくれたらきっと男性側からお誘いがくるでしょう。

このようにすれば男性から誘わせることができますし、相手に脈ありであることは伝わるので、よっぽど鈍感な相手でなければ有効な方法です。

女性から男性を誘う方法③【デートが決まったら少しだけ大げさに喜ぶ】

いずれの場合でも、デートに行くことが確定したら可愛らしく喜びましょう。そういうのは柄じゃないと思われるかもしれませんが、相手の表情が見えないメッセージ上では少々ぶりっ子くらいの方がちょうど良いのです。

「ずっと行きたいと思っていたので嬉しいです( ´▽`)♪」
「◯◯さんと行けたら楽しそうってずっと思っていました!」
と男性を少し持ち上げると、誘ったとしても誘われたとしても気分がいいですよね。婚活サイトは恋愛経験が少ない人も多いですから、本当にこのタイミングでデートして良かったのかと不安がる男性もいます。デートが確定したことに自信を持ってもらうためにも、ひとこと喜びの言葉を入れておきましょう。

女性から男性を誘う場合の注意点

ここまで婚活サイトなどにおいて女性から男性を誘うコツを見てきましたが、逆に注意すべきポイントもあります。相手に会う前から好印象を持ってもらうためにも、次のようなポイントには十分注意してデートのお誘いはしましょう。

女性から男性を誘う場合の注意点①【直球過ぎるのはNG】

結婚に焦る女性がやりがちなのが、直球のデートの誘いです。
「プロフィール見ていいなと思ったのでメッセージ送ってみました♪一度会ってみたいです!」
「デート行きませんか?」
というように誰にでも当てはまりそうなありきたりな文章、直接的な表現は、男性に引かれてしまうかスルーされる運命です。デートは少しずつ距離を縮めてから誘うものです。いきなり何の脈絡もなく「会いたい」といわれると、信頼性も落ちてしまいますよね。

先ほど紹介したコツのように、なんらかのきっかけをつくる、共通点を掘り下げていって自然にデートへの流れをつくる、といった工夫をしましょう。

女性から男性を誘う場合の注意点②【控えめに誘うように心がける】

上の内容にも関連しますが、ガツガツと誘われると男性もびっくりしてしまいます。「きっと私とならデートしたいと思ってくれるはず」といった高慢な態度もNGですね。あくまでも謙虚に、控えめな誘いを心がけましょう。

「いつもなら誘わないけれど、頑張って誘ってみました」という特別感を相手に感じさせられるような表現があると、相手にも喜ばれますよ。また、一度断られたのに立て続けに何度も誘い続けるといったしつこい行動も絶対にやめておきましょうね。

女性から男性を誘う場合の注意点③【気を遣う】

婚活サイトでアクティブに活動している男性も、普段は仕事で忙しい場合がほとんどです。自分からデートの誘いをする場合や場所などのセッティングを行う際は、そういったことも考慮に入れたプランを立てられると相手にも好印象です。

例えば

  • 朝が早い男性なら解散時刻を早めにする
  • 自分は時間があるので相手の勤務先や家の近くの飲食店を選ぶ
  • 男性のスケジュールを考慮して無理のない日程を選ぶ

などです。こういった心配りができる女性は多くないので、高ポイントになるでしょう。男性に気を遣われたい、エスコートしてほしいという気持ちもあるかもしれませんが、そういった中でも相手を思いやる細やかな気配りを重要視してみましょう。

効果的なデートの誘い方はわかっていただけたでしょうか?婚活サイトに限らず、男性は女性からデートに誘われると基本的にうれしいものです。

婚活サイトの場合、一斉送信のようなありきたりな文章ではなく、ちゃんと相手のことを知った上で興味を持ってもらえそうなデートプランを提示すれば、自ずと勝率も上がりそうですね。また控えめで気配り上手な女性はモテますので、そういった雰囲気をぜひ文章に盛り込んでいきましょう。男性からのアプローチがなかなかない!という女性はぜひ試してみてくださいね。

こちらのページもよく読まれています!!